バナー

小児歯科の治療と麻酔

小児歯科での治療は、大人も通う歯科医院での治療とは、大きく異なるのでしょうか。

乳歯でも永久歯であっても、虫歯の治療に関しては大差ありません。
小児歯科だからといって、虫歯治療に大きい違いはないのです。

虫歯の症状で穴が開くくらいなら、削りもしますし詰め物もします。


大人と同じように、プラスチックや金属での詰め物を使用するのは、基本的な治療法です。
子供の歯科治療であっても、深い虫歯を発見すれば、そのレベルによっては神経を取り除く処置もしますし、金属冠も被せます。

livedoorニュースについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

痛みを少なくするのは、大人も子供も一緒ですから、こうした治療は麻酔を使います。



乳歯は生え変わりますが、だからと言って虫歯を放置して良いとはいきません。

正常に発育をするために欠かすことはできない皇帝であり、キレイに維持できる乳歯があってこそ、そこからのキレイな永久歯にもつながります。


歯並びは正常姉妹、良いかみ合わせにもなります。

大人の歯医者もそうですが、小児歯科でも治療を行うとともに、予防をすることはもっと大切と考えています。

さらに身近になった渋谷の小児歯科に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

小児歯科での歯の治療は、子供の恐怖心や痛みを、できるだけ軽減するために、局部麻酔を利用して治療をすることが多いです。
麻酔は大人と同じではありますが、子供がおアレルギーを持っているなら、最初に歯医者へ伝えておく必要があります。

なにかの慢性症で、いつも飲んでいる薬がある子供の場合も、親は治療前に歯医者へ伝えておきましょう。