バナー

小児歯科と子供と親との関連性

小児歯科では、子供の歯科治療を中心に診療を行います。

子供のことを考えているのが小児歯科ですから、リラックスして、安心して治療が受けられるよう工夫も施されています。


歯科治療は大人でも苦手なものですから、子供にとってはストレスも感じやすいものです。
歯医者さんへ置くだけで泣いてしまう子供すらいます。

基本的に子供は、なぜよく泣いてしまうのでしょう。
子供にとって絶対の信頼は、母親という存在です。お母さんが子供の歯科治療を不安に思いながら歯医者に行くと、申し合わせたように子供は大泣きをしやすくなります。

ですが母親が信頼をモテる歯医者であると、ミラクルなことに子供は大泣きすることは、まずありません。子供は親のそういった本質を、きちんと感じ取るのです。4歳以上の子供であれば、初めての歯医者は緊張するものの、優しい笑顔と言葉により、パニックを起こすこともありません。

子供が歯医者で泣いてしまう要因のひとつは、歯医者で何をするのか分からい不安が煽るです。



子供のなく行為は大人の涙と少し違って、子供ながらのコミュニケーションをとる手段でもあるのです。

自然なことでもあるので、保護者は過剰な心配を持つことはないです。

All Aboutに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

小児歯科では小児専門医として、親への十分な説明と理解を得た上で、子供たちの歯科治療を進めます。

親の心配を取り除いて、歯科の悩みなどを聞いて説明をし、親がしっかりと納得と理解があって、子供を任せられるとなってから治療はスタートします。