バナー

自分の歯のように噛めるインプラント

虫歯などによって抜歯に至ってしまった場合、欠損した部分をそのままにしておくと、隣の歯が次第に倒れこんできてしまいます。

また、その欠損部分に噛み合わさるべき部分の歯は、噛み合わさる歯がないため、時間と共に伸びて(歯茎からぐっと出て)きてしまいます。

このように、抜歯をした場合、何らかの対応をしなければ、失った歯だけではなく、その周辺、もしくは噛み合わせがおかしくなってしまいます。

そこで考えられる選択肢の一つがインプラントです。

簡単に言いますと、失った歯の歯根の代わりにチタン製のネジを埋め込み、その上に人工歯を付けるというものです。

4meeeについて説明致します。

ただ、誰でも受けられる治療ではなく、糖尿病を患っているとか、歯周病がひどいなどという場合は、他の選択肢であるブリッジや入れ歯で対応するしかありません。



また、多くは保険治療ができませんので、自費治療になります。
そのため各歯科医や地域によってばらつきがありますが、だいたい1本25~70万くらいになります。
治療期間も短くはなく、通常、インプラントを埋め込んでから、歯茎内にしっかり固定されるまで短くても2,3か月(長ければ6か月ほど)は、治療中の歯を使わないようにし、固定されたら、上部構造の人工歯を取り付けます。

歯周病にならないように気を付け、定期検診は欠かせませんが、インプラントは、自分の歯と同じように噛めますし、違和感なく生活できます。



条件がクリアできるのであれば、インプラントはおすすめです。