バナー

歯医者での治療の痛みは伝える

歯医者で治療をするときには、痛みがあるなら、正直に遠慮なく伝えることです。

治療に入るときには、歯科医も痛かったら言ってくださいと、優しく言ってはくれます。

しかし成人した大人が、歯医者の治療で痛いというのは、どこか恥ずかしいという気持ちも持ちがちです。

特に男性などは、歯医者の治療で、情けない態度は見せたくないものです。

ですが歯科治療では、少しでも痛みを感じたら、そのままを伝えることです。

痛いです、とはっきり言葉には出せないなら、動作で示すといいです。
左手を、さりげなく上げれば、歯科医にも患者さんがSOSを出しているのがわかります。
これは思いつきでの動作ではなく、実際に歯科治療中の患者が、メッセージを伝えたい時には、左手をあげるのが、わかりやすいとされているためです。


左手をそっと挙げることが、歯科医への上手な痛みのアピールになります。


右手ではなく、あげるのは左の手です。


右側には歯科医がいるため、うっかり右手を上にあげるのは、治療をするのにも危険だからです。

まったく新しい日本経済新聞情報が満載です。

それに左手だったら、治療をしている歯科医からして、ちょうど対角線上になるため、治療している歯科医も気がつきやすいです。
昔とは異なり現代の歯科医療の世界では、歯の治療は無痛治療を目標としています。



それでも治療の時の、痛みの感じ方には個人差があります。

ですから虫歯などの治療では、痛みを感じたらすぐに伝えて、麻酔などの適切な処置をしてもらいましょう。